DMM競輪 新規登録でtoreta+ プレゼント!無料会員登録

【10月8日更新】忘れずに次走で狙いたい! 要注目選手ピックアップ



今月、21~24日に開催されるGⅠ寬仁親王牌。今年は6年ぶりに弥彦競輪場で開催される。

「競輪人生のピークを持って行きたい」

そう語って、大一番に地元として並々ならぬ闘志を燃やしているのが鈴木庸之(すずき・のぶゆき、新潟=92期)だ。




直前の平塚記念ではシリーズで2勝。特に最終日は圧巻だった。

小林泰正の番手戦だったが、大塚健一郎との競りに。
意外にも「初めてだった」というジカ競りはいきなり超大物とのマッチアップ。

それでも、打鐘すぎに追い上げる形になった大塚を軽くいなして、勝負あり。
最終3角では別線をブロックして、さらに小林を楽々差し切った。

競りをしのぎ、仕事をして、差し切る。まさに“競輪”という抜群の動きだった。

レース後には「この開催でいろいろ試して良かった。2日目にセッティングを思いついてしっくり来たし、踏み込んで出てくれた」と確かな手応えを感じていた。

そしていよいよ地元のGⅠへ。

「新しいシューズを試すかも。それも含めて、しっかり追い込みたい」

万全の状態で乗り込んでくるはずで、大暴れ間違いない。


【次回出走予定】
10月21~24日(弥彦GⅠ寛仁親王牌)



(情報局記者A)


1949年創刊のスポーツニッポン新聞社が長年の競輪報道を通じ培ったノウハウと人脈を生かした情報で人気のスポーツ紙唯一の競輪専門サイト。最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、ガールズケイリン、お得なキャンペーンなど無料で見られる情報が満載。