DMM競輪 新規登録でtoreta+ プレゼント!無料会員登録

【1月14日更新】忘れずに次走で狙いたい! 要注目選手ピックアップ



悲運が続いた新人レーサーの川野深(かわの・しん、福岡=119期)に一筋の光が見えてきた。




最初の災難はルーキーシリーズ。2場所目の和歌山最終日に落車して右鎖骨を骨折してしまった。

完治させて迎えた本デビュー初戦の武雄は初日をしっかり逃げ切ったが、2日目以降が大雨のため中止。まさかの結末に涙をのんだ。

ラストの不幸は、その後の練習中での落車。右中手骨を骨折してしまい、出世争いに大きく遅れてしまった。


「出ばなをくじかれてしまった」

と悔しい思いを吐露するが心は折れていない。今まさに反撃ののろしを打ち上げようとしている。

昨年の最終戦だった小倉ミッドナイトで①①❸着。準決勝は大本命だった同期の白井優太朗を破る好内容だった。

今年初戦の高松モーニングでも初日予選を1着でクリアしており、ようやく軌道に乗ってきた。


「普段の練習は師匠の楢原(由将)さんとの街道がメイン。直線で思い切りもがけるいい場所があるんです。師匠も調子がいいし僕も頑張りたい」

と師弟で切磋琢磨している。

点数以上の脚力がある今が狙い目。
山あり谷ありの競輪人生だが、めげずに頑張る24歳にエールを送りたい。


【次回出走予定】
1月24~26日(和歌山FⅡ)


(情報局記者A)



1949年創刊のスポーツニッポン新聞社が長年の競輪報道を通じ培ったノウハウと人脈を生かした情報で人気のスポーツ紙唯一の競輪専門サイト。最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、ガールズケイリン、お得なキャンペーンなど無料で見られる情報が満載。

この記事をシェアする

FacebookTwitterLINEはてなブックマーク