DMM競輪 新規登録でtoreta+ プレゼント!無料会員登録

【5月31日更新】プロたる誇りは道具にも! 選手に聞く「こだわりの逸品」



世代を問わず誰もが一度は遊んだことがある〝おもちゃ〟がパワーの源!?




レース直前のテンションアップ。

選手それぞれにルーティンがあるが、久米康平(くめ・こうへい、30歳・徳島=100期)が愛用しているのはルービックキューブだ。

「レース前に集中できればと思い取り入れている。頭のスイッチがピリッとする」

あれは数年前。レース直前にもかかわらず、指先を器用に動かし立体パズルに集中していたシーンを目撃していた記者。

それは令和の今でも変わらないという。レース前のモチベーションアップに欠かせない必須アイテムだ。


いつから使うようになったのか。

「野球部だった高校時代に高校の後輩がルービックキューブで遊んでいたんです。〝簡単ですよ、すぐできる〟と言われて始めたのがきっかけ。それで自分もやったらできるようになった」

その腕前は〝S級レベル〟と言ってもいいほど。

「今では1分ちょっとで6面をそろえられる。アマチュアの1000㍍タイムトライアルといい勝負ですね」

「以前はもっと早くそろえたくて本を買ってみたが、それは無理だった。ルービックキューブをそろえるのは暗記。動かし方が決まっていますから」

バッチリ6面をそろえてスッキリ勝つ久米。6面攻略がレース攻略に一役買っている。


【次回出走予定】
6月9~12日(松戸GⅢ)

(情報局記者A)



1949年創刊のスポーツニッポン新聞社が長年の競輪報道を通じ培ったノウハウと人脈を生かした情報で人気のスポーツ紙唯一の競輪専門サイト。最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、ガールズケイリン、お得なキャンペーンなど無料で見られる情報が満載。

この記事をシェアする

FacebookTwitterLINEはてなブックマーク