DMM競輪 新規登録でtoreta+ プレゼント!無料会員登録

【11月23日更新】プロたる誇りは道具にも! 選手に聞く「こだわりの逸品」



コロナ禍の中、日本映画史の興行収入を塗り替えたアニメ『鬼滅の刃・無限列車編』。
その人気は今もなお衰えておらず、様々な分野に影響力を及ぼしている。

それは多くの競輪選手が体幹を整えるために使っている〝一本下駄〟も同じ。
主人公の竈門炭治郎の代名詞である〝市松模様〟柄の鼻緒を豊橋競輪の検車場で発見した。





持ち主は栗山俊介(くりやま・しゅんすけ、奈良=103期)だ。

「ちょうど鬼滅ブームのピークだったころ、いつも一本下駄を購入しているところで見つけたんです」

「ほかに禰豆子柄の鼻緒もありましたが、自分にはコレ(市松模様)しかない! って…」


気になるのは履き心地と効能だが…。

「性能的には特に変わらないです。これを履けば水の呼吸が使えるようになる? いや、逆に呼吸は苦しいです(笑)」

 見た目で「オッ!」と思わせることができる、栗山選手の〝しめしめ〟なこだわりの逸品だった。



【次回出走予定】
11月29日~12月1日(立川FⅠ)


(情報局記者A)


1949年創刊のスポーツニッポン新聞社が長年の競輪報道を通じ培ったノウハウと人脈を生かした情報で人気のスポーツ紙唯一の競輪専門サイト。最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、ガールズケイリン、お得なキャンペーンなど無料で見られる情報が満載。