DMM競輪 新規登録でtoreta+ プレゼント!無料会員登録

【4月12日更新】プロたる誇りは道具にも! 選手に聞く「こだわりの逸品」



今期はA級に降格したが、格の違いをまざまざと見せつけている寺沼将彦(てらぬま・まさひこ、29歳・東京=111期)。




アップ中、ピンク色のなわとびを手に検車場を歩いていた。

「実際になわとびをしたり、肩甲骨を伸ばしたりするのに使っています。なわとびは両足で100回、片足飛びを100回ずつ。合計300回ですね」





今年に入ってから欠かせないアイテムになっているそうだ。理由を聞いてみた。

「陸上とかの本を読んでいて、〝自転車に乗っているとバネがなくなる〟とか、〝年を取ると腱や関節とかが弱くなる〟というのを目にした」

「アップで取り入れたら、自転車に乗った感じがいいし、ケガの予防にもつながる。A級はミッドナイトを走ることも増えるので、いろいろと考えないといけない。ミッドは体がなかなか思うように動いてくれないので、なわとびはいい効果になっていると思います」


近況の好調ぶりは「ラインのおかげです」と謙そんしたが、なわとび効果も確実にありそうだ。

今後も寺沼の快進撃を支える。


【次回出走予定】
伊東FⅠ(4月27~29日)


(情報局記者A)



1949年創刊のスポーツニッポン新聞社が長年の競輪報道を通じ培ったノウハウと人脈を生かした情報で人気のスポーツ紙唯一の競輪専門サイト。最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、ガールズケイリン、お得なキャンペーンなど無料で見られる情報が満載。

この記事をシェアする

FacebookTwitterLINEはてなブックマーク